FC2ブログ

ぼ〜っ

毎日ご飯を炊くのに使っている土鍋にいつの間にかヒビが(つД`)ノ
使い始めて4年。
淵には達していませんが、底面の中央に長い線が一本。
外側だけでなく内側にも少し入ってしまっています。
新しいものをとAmazonで探したら6号サイズが€80というお値段((((;゚Д゚)))))))
ニューヨークで買った時は日系のスーパーででしたが、$10もしなかったはず。
いつかぱっかり・・・と思いながら恐々使い続けています。

ふと見ると珍しくボ〜ッとしていたRoy。


・・・

写真を撮り始めるとおもむろに毛繕いをし始めたのですが、

fullsizeoutput_400_convert_20171112040709.jpeg

少しするとまたボ〜ッと☆

fullsizeoutput_401_convert_20171112040813.jpeg
・・・

でも私が動き始めると一緒に活動開始(´∀`*)
マットをホリホリしたり、スリスリしたり。

IMG_4883_convert_20171112040905.jpg
スリ〜ン、スリ〜ン♪

いつも私が座っている時はたまに牧草を食べに行きながら側に一緒に座って毛繕いしたり、お昼寝したりしていますが、ボ〜ッとしているのはあまり見かけません。

今日も元気です。うさぎ~

コメントの投稿

非公開コメント

No title

土鍋、ヒビがあまり酷くなかったらお粥を炊くのが良いと母親に教えてもらったことがありますが、koumeさんはいつも土鍋で白米を炊いているなら同じことなのかな(。´・ω・)?
それにしてもそちらで土鍋を購入するとお高いですね!!
やっぱりイタリアではあまり日本的なものは手に入りにくいのかな?

Royくん、ボーッとしてるの可愛い(*´˘`*)♡
普段はあまりボーッとすることは無いのですね☆

No title

我が家のご飯用土鍋は、取っ手が取れたまま・・・まだ、商品が届かない・・・・・・この土鍋、1番おおきいものを買ったのですが、1500円くらいだったかな。本体ののみで7000円だと聞いてます。外蓋内蓋は、使えるのならそのほうがいいと窯元さんが・・・・・

ハリオというメーカーのご飯炊きのなべは、ガラス蓋に笛がついていて・・・IH対応だと割れないタイプになり、10000円程度。お金があったらほしい・・・でも、3合までしか炊けない(1合用・2合用・3合用の3種類ありました。IH対応でなければ半額程度だったかな・・・・・・・

No title

koumeさん、毎日ご飯を炊いてらっしゃるんですね!
あゆみんさんもおっしゃってますが、土鍋のヒビは
お粥やご飯を炊いてコーティングすればいいそうですが
底面だと無理そうですね・・・

土鍋じゃないと・・・というならアレですが
よかったらうちの炊飯器いりませんか?
ドイツ生活の為に買った炊飯器、日本に持って帰っても
使えないので、うさ太郎の後任者にあげようと思って
いたのに、すでに買ってしまったんだそうで(>_<)
koumeさんが使ってくださるなら、送ります!!!

Royくん、あまりぼーっとしてる姿をみせないんですか^^
誰か(海くんとか)が遊びにきてたかな?

あゆみんさん

白米を炊くのもヒビを修復してくれるみたいですし、時々お粥も炊いているので結構くっきりのヒビでもまだもってくれているのかも?
日本のものがお店で売られてるということはまずないんですけど、最近はAmazonで少〜しだけ見かけるようになってきました。
ただどれも買えるような値段ではないんですよね><

眠いわけでもなくて、座ったままただボ〜ッとしているのはとっても珍しかったりします☆

おおびるげさん

炊飯土鍋、実は買って実家に送ってあるんですよね。
次回帰国した時にと。
でもいつになるかは・・・

ハリオの炊飯土鍋、アメリカのAmazonで売られてました。
さすがにそれは日本の倍くらいの値段だったので買わなかったのですが。
買ってあるものもハリオと悩んで結局他のに。
あれ、ちょっと高いですよね☆

うさ奈さん

以前は私も炊飯器を使っていたのですが、最初に借りたNYのアパートのキッチンに炊飯器を置くスペーズがなくて鍋で炊くようになりました^^
ほぼ炊飯にしか使ってないのでコーティングされてまだ使えているのだと。
でも結構がっつり入ってるのでそのうち・・・

実は炊飯器、うちにもあるのです。
10年以上も前に買ったもので、ここ5年は使ってないのでまだ使えるかは怪しいですが☆
でもここでは使えないのです><
以前使っていた時に炊飯器を置いていた真上(天井)にカビが生えてしまって><
カビの心配さえなければいいのですが・・・
お気持ちだけいただいておきます^^

座ったまま何を見るともなくボ〜ッとというのは珍しいです。
プロフィール

koume

Author:koume
Roy 2009年2月生まれ
   2009年3月19日
   お迎え

2012年11月5日、Royと一緒にイタリアからニューヨークへ。
2016年10月7日、ニューヨークからイタリアへ戻って来ました。
現在、Royと北イタリアで暮らしています。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード