渡米準備 ー必要書類ー

うさぎとの渡米にあたり情報をいろいろ調べている中、うさぎ連れで日本から渡米した方々や渡仏された方のブログがとても参考になったので、私も少し書き残しておきたいと思います。
うちの場合はイタリアからアメリカなので、日本にいらっしゃる皆様にはあまり参考にはならないと思いますが一応。

まずうさぎがイタリアを出国するのに必要な書類について、国外に行くことになるかもと聞いてすぐイタリアのASL(保健所)に確認。
この時点では国外と言ってもヨーロッパ内電車で何時間というところだと思っていてまさかニューヨークに来ることになるとは思っていなかったのですが...
イタリア出国にあたってはASLの発行する国際健康証明証のみでOK。
ただヨーロッパ内は1ヶ月、アメリカは6日と有効期限が違うためそれに合わせて出発前に取得するようにと。
それには予防注射を済ませていることが条件。
イタリアではうさぎも予防注射が必要で、Royは半年に一度必ずしていたのでこれについては問題なし。
行き先がニューヨークと決まり、再度確認。
あの国では人によって言うことがいつもまちまちなので、しつこいくらい確認が必要です☆

次はアメリカ側の受け入れに必要な条件と書類について。
これについてはイタリア国内の大使館、領事館、アメリカのあらゆる機関に問い合わせをしました。
結果、アメリカ政府もニューヨーク州でも2012年11月現在うさぎについては何も必要なしと。
JFK空港だけが、職員によっては国際健康証明証を見せてと言ったりするのであった方がいいですという返答でした。
当日空港で税関の方に見せるように言われるかなと思っていたのですが、「それは犬?」と聞かれ「うさぎ」と答えると「お〜、うさぎ!」であっさり終了でした。

なのでイタリアからニューヨークへは国際健康証明証のみの取得で大丈夫だったのですが、この国際健康証明証を発行してもらうのが大変でした。
それまで何度かパパさんに行って聞いてきてもらっていたのですが、心配性の私はパパさんが飛び立つ何日か前にも再度確認をと一緒にASLへ。
が、事務所移転のためしばらく閉鎖☆
仕方がないので後日、電話で確認することにしました。
本当は直接行きたかったのですが、移転先が車がないと行けないような外れで...

出発の3週間前に電話をすると、何と話が全然違う!
出発の3、4日前にお金だけ持ってくればすぐ発行と聞いていたのに、かかりつけの獣医の証明書とアメリカ受け入れ条件のマイクロチップが必要だとか狂犬病の予防接種までいるとか訳のわからないことまで...
しかもお金は当日持って行くのではなく、事前に振込。
アメリカ側の受け入れ条件については確認済みでマイクロチップについては必要ないと説明すると、「義務ではないけど」などとブツブツ。
狂犬病の予防接種についてもアメリカ側は要求してないと言ったのですが、こちらはいると譲らず。
慌ててかかりつけの獣医さんに相談すると「狂犬病の予防接種なんてうさぎにしない、そんなことしたら死んじゃう!うさぎに必要なのはいつもしてる注射」と直接電話してASLの人と話してくれました。
獣医さんに言われるとあっさり「じゃぁ、いらない。」と...

が、またマイクロチップがいると始まり数時間後に電話があったと獣医さんから連絡。
かなり頭にきていた私、またASLに電話して半分切れながら話すと「自分はよくわからないから直接発行する獣医さんと話して!」と。
わからないのに狂犬病の予防接種が必要とかマイクロチップが必要とか言ってるその人にブチ切れ寸前でしたが、やっと発行してくれる獣医さんと話せました。
聞くとやはりマイクロチップも狂犬病の予防接種も必要なし。
必要なのは事前に料金を振り込むのとかかりつけの獣医さん発行の証明書で3、4日前に予約を入れてRoyと一緒に来てくれと。
かかりつけの獣医さんも電話でその方に確認してくれ、証明書も言われた通りに書いてくれたのですが、それでも心配な私は書いてもらった証明書を持って直接確認に行きました。

証明書にもOKをもらってやっと安心、あとは出発1週間前に予約し3、4日前に行ってもらうだけと思ったら1週間前の予約時また大慌てする羽目に。
なんとバカンスでその週発行してくれるはずの獣医さんお休み!
代わりの人はいるけれど、この間見てもらった書類でいいかはその人次第と...
その日はかかりつけの獣医さんはお休み、しかも書類を発行してもらえるのは午前中のみ。
ダメだと言われたらすぐに書き直してもらって持って行かないと間に合わない。
すぐにいつもの獣医さんに電話してその場合、書き直してもらって自宅に取りに伺わせてもらうようにお願い。
足がない私のために車を出してくれるお隣さんにも事情を説明してお願いしてきました。

結経、代わりの方よく見もせずだったので必要なかったのですが最後の最後まで心配させられました。
発行してもらった書類もすべてイタリア語でこれじゃアメリカ人わからないでしょ?というものだったので、そこでもまた一騒動。
英語でも書いてある犬用のを線を引いてうさぎに訂正した書類を何とかもらったのですが、本当にこれで大丈夫なの?と思うようなもので最後の最後までヤキモキさせられました。

ただいまのRoy

IMG_4723_convert_20121120052314.jpg
チモシー美味しいです♪

今日も元気です。うさぎ~

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Royくんの渡米 本当に大変だったんですね。
お疲れ様でしたe-53
Royくん チモシーい~ぱい食べて元気でね!
koumeさんもさぞお疲れになったことでしょう。
疲れはほっとした時にどっと出ますから
お身体大切になさってくださいねe-419

deka-mamaさんへ

やはりうさぎを連れてというのがほとんどないのとイタリアという国だからだと☆
日本のようにきちんとしている国だとそこまで苦労しなくて済むと思います。
チモシー、すごい勢いで大量に食べてます。
相当美味しいみたいですよ^^
お気遣いありがとうございます。
着いた直後はそうでもなかったのですが、Royが大量に食べて出して元気に走り回る姿を見て安心したらどっと疲れがでました^^;
でもパパさんも驚くスピードで回復、すでにいつも通りです^^

No title

獣医さんもバカンスですか~
私も数年前にEUホンダからバイクのバッグを注文して
ツーリングで使用するのを楽しみにしていましたが、
いつまで待っても連絡なし・・・どうしたのかな?~と
思って連絡したら「バカンスで2週間休み」と言われました

急ぎにもかかわらず船便で送ったそうで、日本に届くまで
半年近く掛かりました・・・
届いた季節はツーリングシーズンを過ぎた晩秋で、
来春のお楽しみになってしまいました

のんびりしているんでしょうかね~

羽パパさんへ

獣医さんもお医者さんもみ〜んな好きなときにバカンスです☆
仕事より遊び優先のお国ですから皆簡単にお休みを取ります。
なかなかお休みが取れない日本とは大違いです。
仕事なんてやる気のない人達ですからねぇ。。。
イタリア国内でも注文して届くまで本当に届くのか心配になるほど時間がかかります。
船便でも2、3ヶ月で着くはずなのに半年はひどいですね。

プロフィール

koume

Author:koume
Roy 2009年2月生まれ
   2009年3月19日
   お迎え

2012年11月5日、Royと一緒にイタリアからニューヨークへ。
2016年10月7日、ニューヨークからイタリアへ戻って来ました。
現在、Royと北イタリアで暮らしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード