テェック・アップ

昨日は一年に一度のRoyの定期検診へ行って来ました。
いつもは病院へ行くことは内緒で悟られないようにしているのですが、必ず悟られて逃げられるので今回は予約を入れた時点で行くからね〜と。
前日にも当日にも病院ねと言っていたら、朝走り回った後自らサークルに入りしょんぼり行きたくないアピールを


病院行きたくないです。。。

いつもは直前に準備するキャリーも早めに用意。

IMG_3444_convert_20151127051917.jpg

中の牧草を食べたり、何度も出たり入ったり遊んだりしていたいたら、出掛ける時間になりそのまま扉を閉められたRoy。

IMG_3445_convert_20151127051955.jpg
えっ?

一応、出して〜!とはやってみたもののすぐに諦めてました

IMG_3446_convert_20151127052032.jpg
出してください〜!

お世話になっている The Animal Medical Center へ到着。
ところどころ壁にタイルが貼ってあって色々な動物が描かれているのが可愛い救急もやっている24時間体勢の大きな動物病院です。
ニューヨークに来てからはずっとこちらの病院のうさぎ専門の先生に診てもらってます。

IMG_3449_convert_20151127052059.jpg

お耳やおめめを診て、お腹のはり具合もチェック。
禿げてしまった足の裏も診てもらって、お話をしていたら2年前にしたけれど年齢のこともあるから念のため血液検査した方がいいかもと。
あと2ヶ月ちょっとで7歳になるRoy。
お野菜なども気を付けてあげているのですが、カルシウム過多になっていたりしていないか診てもらいたいというのもあってお願いしまいした。
別室に連れて行かれ、そのまましばらく待っていると先生と一緒に戻って来て、耳もしっかり聞こえているし、目もちゃんと見えていて異常なしと。
別室では血液採取、爪切りの他に耳の聞こえ具合や目の見え具合等もチェックしてもらっていたようです。
ソアホックの方も初期で特に治療の必要はなく、ラグやマットを敷いてひどくならないようにしていれば大丈夫とのことでした。
血液検査の結果は2日後ということで、お会計を済ませて終了。
締めて$400越えでした
人間も動物も医療費が恐ろしいほど高い

帰りのタクシーの中で踏ん張るRoy。

IMG_3451_convert_20151127052134.jpg
ひどい運転ですね。

こちらのタクシーの運転手さんはかなり乱暴な運転で私もよくぶっ飛びそうになります
行きの運転手さんはよろめきそうになりながらも必死にキャリーを抑えている私を見て気を付けてくれるようになったのでよかったのすが、帰りはぶっ飛びそうになっても知らん顔でした。

家に戻り、キャリーから飛び出すRoy。

IMG_3453_convert_20151127052226.jpg

採血された方の足を引きずる様な?かばう様な?歩き方でそのまま椅子の下へ直行。
血が付いて洗われたのか一部濡れていたあんよを必死にナメナメしていました。

IMG_3455_convert_20151127052313.jpg

そして、しばし呆然。

IMG_3457_convert_20151127052336.jpg
ひどい目に遭いました。。。

Royくん、お疲れ様でした。

以前なら病院後はご機嫌ナナメでしばらくケージに引き籠ったりしていましたが、それもなくなりご褒美のビスケットを食べ、おやつのおりんごを食べ、のんびり。
夕方はいつもの様に走り回っていましたが、夜はさすがに疲れたのかゴロンちょ姿が見られました。
先生にうさキックを飛ばし、暴れるはしますが、病院にも慣れて来たかな。
今日も元気です。うさぎ~
プロフィール

koume

Author:koume
Roy 2009年2月生まれ
   2009年3月19日
   お迎え

2012年11月5日、Royと一緒にイタリアからニューヨークへ。
2016年10月7日、ニューヨークからイタリアへ戻って来ました。
現在、Royと北イタリアで暮らしています。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード