イタリアへ

空港へ着くとすでにチェックインが始まっていましたが、まだ2、3組しかいなくて並ぶこともなく搭乗手続き開始
愛想もなく面倒くさそうにはしていましたが、テキパキと処理してくれました。
アメリカはうさぎを連れて出国する際何も必要ないのですが、キャリーさえも確認せず
チケットを見て「ペット連れ?」と聞かれただけでした。
イタリアを出国する時は開始前に既に到着していて一番のりでもアメリカ側の必要書類の確認にあちこち電話したりで、搭乗開始直前にゲートに着くくらい時間がかかったのに5分もかからず終了。
彼女の発した言葉は「ペット連れ?」の他は「一つ余分なスーツケースのお金をあっちで払ってね」だけでした☆
搭乗手続きを終え、トイレで家を出る時に着せたハーネスにリードを装着してセキュリティーチェックへ。
並んでいる人も少なめでパパさんはさほど待つこともなく一人先に進めたのですが、Royを連れた私は職員さんの隣でしばし待たされることに。
その間キャリーは自分が持つと受け取った職員さん、同僚を呼んでは「うさぎだよ、うさぎ!」とメッシュになっている入り口から覗かせたり
特に女性を呼んでいたので覗きに来た人たちは「可愛い〜♪」と。
しばらく待った後私にボディースキャナーに入れという職員さん。
「うさぎは?」と聞くと自分がキャリーを持って待っているからと。
イタリアの空港では先にRoyを出して抱っこしてキャリーをX線に通したのですが、今回は私が先にセキュリーチェックを通り、Royはそのまま職員さんと向こう側へ。
スキャナーを通ってボディーチェックが終わるとまたしばらく待ってキャリーを持った職員さんに連れられ、側にあった個室の前へ連れて行かれました。
スリガラスの個室には男性と他の職員さんがいたのですが、ドアが少し開いていてポケットから分厚い札束をいくつか出す姿が見えちゃいました☆
男性が出て行くと中に入るように言われ、女性職員を呼ぶ職員さん。
女性職員がやってくると個室の中でRoyをキャリーから出すように言われ、男性職員がキャリーを持ってX線検査へ。
戻って来た職員さんからキャリーを受け取り、Royを入れるとまた女性職員さんにボディーチャックをされて終了でした。
締め切った個室の中でキャリーを開けると奥へ引っ込み踏ん張って出まいと頑張るRoyを出すのに苦労し、出して抱っこするとしがみつき離れようとしないRoyを戻すのに一苦労。
やっと戻し、ついでにリードも外そうとしたのですがなかなか外れず
職員さん二人が待っていたので、諦めてトイレで外すことにしてそのまま個室を出ました。
個室を出てパパさんがいたところへ戻ると手荷物用のバックに入れた荷物が散乱していて慌てふためいてバックに詰めているパパさんの姿が☆
全部出されてチェックされたらしいのですが、何が入っていたのかもわからないパパさんに任せてもおけず全部確認してバックへ詰め直してトイレへ駆け込みました。
トイレでも入り口を開けると奥へ引っ込むRoyでしたが、リードはすぐに外れてハーネスも脱がせパパさんが待っていたところへ戻り、そのまま搭乗口の近くへ向かいました。

しばらくすると周りは人でいっぱいに。



パパさんにRoyを預け、トイレへ行き、飲み物を買ってRoyの元へ。

IMG_4052_convert_20161023041446.jpg

ここでRoyにお野菜を。

IMG_4053_convert_20161023041524.jpg

買ってきたお水もあげてみたのですが、飲まず
しばらくして搭乗開始時刻になり、飛行機に乗り込みました。
席は来た時同様真ん中の一番後ろの三列になった席を期待していたのですが、真ん中辺りの通路を挟んだ席に
ほぼ満席で空いている席がほとんどないくらいだったので、Royはずっと私の足元でした。
来た時は横の座席が空いていたので、隣にキャリーを置いて様子を見ることが出来たのですが今回は全く見られず
電気が消されて皆が寝静まった頃、何度かお野菜やお水をあげにトイレへ行って様子を見ていました。
前回はキャリーの入り口を開けると顔を覗かせていたのに今回は毎回奥に引っ込み顔を出そうとしなかったRoy。
ちびちびと食べてくれていたお野菜も飛行機の中では一切食べず
お野菜は搭乗口の前であげた時に食べただけで、飛行機の中では乾燥人参とチモシートリーツしか食べませんでした。
お水も一切飲まずでした。
機内はいつもブランケットを使わないパパさんが貸してというくらいの寒さでしたが、キャリーに一枚被せていたのでRoyのお耳が冷たくなることはありませんでした。
一分でも早く着いて〜という願いが通じたのかどうか?、なんと予定時刻の40分前にミラノ・マルペンサ空港へ到着。
遅れることはしょっちゅう、いや定刻に着くことが珍しいアリタリアで40分も前に着くとは☆
到着してそのまま一番近いトイレへ直行し、中に入っていたお野菜や牧草を捨て飛行機用のキャリーからいつものお気に入りのキャリーへRoyを移して入国審査へ。
パスポートを提示して、挨拶しただけでスーツケースを取りに行けました。
スーツケースを持って出口へ向かいましたが、誰もいなくてそのまま到着ロビーへ。
入国時に要ると言われた健康証明書も提示することなく終わりました。
$300以上払った健康証明書出番なし☆
Royのことを考えると一刻も早く家へ着きたくて、マルペンサから自宅までは送迎車を予約していたのですが、到着ロビーへ出ると既に運転手さんが待っていてくれて即出発できました
車に乗り込んですぐに牧草とお野菜をあげたのですが、やはり一切食べず
お水も飲まず
後部座席で揺れないように横に置いたキャリーを抑え、固まるRoyを見ながら3時間程走ってやっと自宅へ到着しました。
空港からミラノ市街まで1時間、ミラノ市街から自宅までは3時間程かかるので4時間はかかると思っていましたが、パパさんが通っていた空港からミラノ市街への道は通らずで渋滞にも合わずに早く着けました

今日も元気です。うさぎ~

ハーネス

とうとう帰伊まであと1ヶ月となってしまいました。
Royと飛行機に乗る際、手荷物検査場で荷物同様にキャリーもX線に通して検査をするのですが、通すのはキャリーのみでRoyはその間キャリーから出て抱っこで待たなければいけません。
あの大勢人がいる騒がしいところでの抱っこは恐ろしいのですが・・・
来た時は驚いて暴れて飛び降りたりしないようにハーネスをしてしっかり紐を手に巻き付けていたのですが、暴れるどころか私の胸にしがみつき隠れようと必死に顔を押し付けていたRoy。
係員の人がX線に通したキャリーを持ってきてくれてすぐに戻そうとしたのですが、離れようとしなくて戻すのが大変なくらいでした。
でもやはり何があるかわからないので帰りもハーネス着用でと練習を開始しました。
ハーネスを出してきたら、見た途端に逃げたました
4年間一度も見ていないのに覚えていたようです。

捕獲され、着せられて怒るRoy。


もう!こんなの着せて!

その後、しばらく呆然と。

IMG_6688_convert_20160906085357.jpg
・・・

ケージから出ようとしないので手を入れるとトイレの上へ避難。

IMG_6691_convert_20160906085616.jpg
出ませんよ。

でもそのままトイレごと持ち上げられて、

IMG_6692_convert_20160906085458.jpg
入れません。

また呆然としてました。

IMG_6694_convert_20160906085526.jpg
・・・

以前同様に着せている間気にして毛繕いしまくりでした
一歩外へ出るとそれどころじゃなくなるのですが、少しでも慣れておいてもらおうと思います。
今日も元気です。うさぎ~

飛行機用キャリー

チケットが取れたので、慣れてもらおうとしまってあった飛行機搭乗用のキャリーを出してきました。
Royお気に入りのアトラス10は常にサークル横に置いてあって乗ったり入ったりして遊んでいるのですが、大き過ぎて機内には持ち込めず
4年前に何件もお店を回ってやっと見つけた座席の下に収まる規定サイズのキャリーに乗って帰ります。
上部に出入り口がないのとRoyが嫌いな周りが見えないタイプのキャリーなので他にいいのはないかと探してみましたが、規定に収まるサイズのキャリーは他には見当たらずで
来る時、手荷物検査場で奥に逃げて踏ん張るRoyを出すのに苦労したので出来れば上部に入り口があるものがよかったのですが・・・

早速、スリーンとお匂いを付けたり、

IMG_6593_convert_20160807112418.jpg
スリーン

覗き込んだり、

IMG_6594_convert_20160807112451.jpg
ん?これは・・・

周りを回ってみるものの入らないので、入れてみました。

IMG_6600_convert_20160807112545.jpg
なんか見たことあるような・・・

反対側の入り口も開けると自ら入って、

IMG_6601_convert_20160807112656.jpg
トンネルさんです。

何度か行ったり来たりしていました。

IMG_6603_convert_20160807112758.jpg
う〜ん。やっぱり覚えがあるような・・・

覚えているのか、いないのか?

昨日試してみたら縮小できなかった画像ができるようになっていました。
確認中のメール以来一切連絡もなかったのですが、やっと使えるようになりました。
今日も元気です。うさぎ~

帰伊日

10月初めに終わりのはずが1ヶ月延びるかも知れないと言われ、なかなか決まらなかった帰伊日がやっと決定
以前は1便に2匹まで客室搭乗可だったアリタリアが1匹のみに変更になっていたので、すぐにチケットを取りました。
担当の人によって言うことが全く違うし、何度問い合わせても返事が来ないなんていうのもイタリアでは当たり前なので元旦からすでに必要書類などを問い合わせたりしていたのですが、次の日に返事が来たりと今回は珍しくスムーズに
法律がよく変わる国なので念のため先月確認もしましたが、その時もすぐに返事が来てびっくりでした。
来る時は狂犬病予防の注射が必要だとかマイクロチップが必要だとか無茶苦茶なことを言われ大変でしたが、帰りはこちらの獣医さんで48時間以内に発行された所定の健康診断書のみでOKと
アメリカ側は出国には何も必要ないとのことなので、必要なのは健康診断書のみです。
お仕事が終わってから1ヶ月お休みなので中旬にでもと思っていたのですが、向こうで仕事が始まる前に受ける健康診断がいつになるかわからないというので、即6日の便で帰ることにしました。

IMG_0317_convert_20160802081914.jpg


家の中ではどこででもこんな感じで寝ていますが、一歩お外へ出るとものすごい早さで心臓バクバク、お鼻ヒクヒク、緊張しまくりのRoy。
考えるだけで心配で眠れなくなりそうです。
来る時は飛行機に乗り込むまでやっぱり行かずに家へ戻ってしまおうかと迷いに迷っていて無理だと思ったら家へ引き返すつもりでしたが、帰りはもう帰るしかないのだからRoyに頑張ってもらうしかありません。
今日はなぜかiphoneで撮った写真しか画像縮小が出来ず
画像縮小のメンテナンスしたみたいですが、どうなっているのでしょう?
今日も元気です。うさぎ~
プロフィール

koume

Author:koume
Roy 2009年2月生まれ
   2009年3月19日
   お迎え

2012年11月5日、Royと一緒にイタリアからニューヨークへ。
2016年10月7日、ニューヨークからイタリアへ戻って来ました。
現在、Royと北イタリアで暮らしています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード